街の不良からミシュラン2つ星のスターシェフに

炭水化物を一切出さないこだわりを生んだアジア食材との出合い
記事へ戻る
海老、ニンジン、ショウガを用いた一品(ラウエのコース料理は、色の薄い食材から濃い食材へ、そしてデザートはふたたび色の薄い食材を提供する) ©Andrea Thode
ベルリンの壁崩壊25周年記念イベントで供された辛めのサーモンは口の中でとろけるほど優しい味 ©norikospitznagel
北京ダック創作料理 ©Andrea Thode
「Tim Raue」レストラン内はプロイセンブルーを基調とした落ち着いた雰囲気だ(プロイセンブルー・あるいはプルシャンブルーは、その顔料がドイツの旧プロイセンで発見されたことから呼ばれるようになった紺青色) ©Wolfgang Stahr
チェックポイントチャーリー近くにある レストラン「Tim Raue」は仰々しい広告がないため通りすぎてしまうほど目立たない ©norikospitznagel

国際の写真

韓国の告げ口外交が米国に突き放される必然的理由
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」
中国で「ウイグル人」と誤認され尋問された日本人の話
日本人が知らぬ現実、今や世界は米国より中国を支持