炎上したら霧が晴れた「右」と「左」の不思議な世界

春香クリスティーンさんが「右往左往」を恐れない理由
2015.3.24(火) 鶴岡 弘之
記事へ戻る
春香クリスティーン(はるか・くりすてぃーん)さん
1992年スイス連邦チューリッヒ市生まれ。父は日本人、母はスイス人のハーフ。日本語、英語、ドイツ語、フランス語を操る。2008年に単身来日し、タレント活動を開始。日本政治に強い関心をもち、永田町で国会論戦を見学することも。テレビ番組のコメンテーターを務めるほか、新聞、雑誌への寄稿も多数。著書に『永田町大好き!春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン』(マガジンハウス)がある。

ライフ・教養の写真

戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
災害に負けない日本とラグビー快進撃
「エビに優しい」養殖技術、日本から世界へ

本日の新着

一覧
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
インフラ、避難ルート、イベント開催、全てを根本から見直すべき
舛添 要一
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第32回)
玉木 俊明
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず
李 正宣
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
「創作」とは何かを問う『電気じかけのクジラは歌う』
長江 貴士