過去に向かって歩き出した日本の地方政策

地方分権は死に、「地方創生」が生まれた
2015.1.22(木) 宇佐美 典也
記事へ戻る
地方都市の疲弊を象徴するシャッター街
これまでのアベノミクスの成果について」(平成26年4月16日、内閣府)より
拡大画像表示
筆者作成:データは県民経済計算より
拡大画像表示
筆者が鳥取県ホームページ「地方創生の実現に向けた提言」(石破地方創生大臣との面談)より抜粋
拡大画像表示
第1回 地域産業活性化研究会 地域産業活性化のための問題意識と方向性の提示 事務局説明資料」(平成26年10月、経済産業省地域経済産業グループ)より
拡大画像表示
平成27年度 経済産業関係 税制改正について」(平成26年12月、経済産業省)より
拡大画像表示
徳島県ホームページから筆者作成

地域の写真

観光客急増の飛騨高山から嘆きの声が聞こえる理由
働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”

本日の新着

一覧
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
海洋進出を加速する中国、日本はどう防衛するのか(前編)
北村 淳
アマゾン、違反出店業者のアカウント停止措置を緩和
偽造品排除を目的とした厳しい規約が批判の的に
小久保 重信
参院選は与党圧勝 、日本の野党はなぜこんなに弱い
いつまで経っても日本に二大政党制が根付かない3つの理由
朝比奈 一郎
最上級ラグジュアリーツアーが持つ大きな可能性
HONZ特選本『グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル』
HONZ