京大出身の秀才が棚田で作る超高級米

ネットを徹底活用し、日本の農業経営を根本から変革
2014.11.19(水) 川嶋 諭
この写真の記事へ戻る
多田 朋孔(ただ・ともよし)氏
十日町市地域おこし実行委員会事務局長。京都大学卒。在学中に京大応援団第44代団長を務める。コンサルティング会社、組織開発コーディネーターを経て、新潟県十日町市の池谷集落に妻と息子を連れて移住。
十日町市地域おこし実行委員会によるコメの直販出荷量の推移。2011年(平成23年度)と翌年は東日本大震災後の原発事故の影響で減少したが、昨年は増加に転じ10トンの大台に乗った(資料提供:多田朋孔氏)
「はざがけ」と呼ばれる天日干し作業の様子。「田んぼへ行こう!!」というイベントで参加者を募って行う(写真提供:十日町市地域おこし実行委員会)
手刈りによる稲刈りも「田んぼへ行こう!!」イベントの一環(写真提供:十日町市地域おこし実行委員会)

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方

本日の新着

一覧
懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う
誰にもある懲戒解雇のリスク、もし我が身に降りかかったら
尾藤 克之
サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰
マンチェスター・シティが違反した「ファイナンシャル・フェアプレー」とは
後藤 健生
新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能
数多 久遠