「ねぶた」は夏バテ退治の行事だった!?

夏祭に込められた意味を考える國學院大學・小川直之教授の民俗学への招待
2014.7.9(水)
この写真の記事へ戻る
國學院大學 文学部
教授 小川 直之 氏
神奈川県大磯町西小磯の七夕 
月遅れで8月6・7日に行われている。
子どもたちが七夕の竹飾りを持ち、ところどころで竹を振って祓って廻る。
これも地区に災難などがないようにという祈願といえる。

ビジネスの写真

新型ウイルス、米テック大手が悪質行為への対策強化
創業から続く「社会貢献」の意思、ブリヂストンの今
アマゾン、今度はレジなしの食品スーパーをオープン
アップル、中国本土の直営店7割の営業を再開
幕末、感染症に「隔離」政策で挑んだ医師・関寛斎
ビッグテックの驚異的な暴騰

本日の新着

一覧
「劣悪」観光マナーに世界遺産ボロブドゥールが悲鳴
ASEAN諸国が頭悩ます「環境保護と観光産業振興」の兼ね合い
大塚 智彦
低すぎる生命発生の確率、どうして我々は生まれた?
RNAワールドの難問をインフレーション理論で説明できるか
小谷 太郎
原因は宴席の失態?政変に翻弄された藤原氏嫡流のエリート
平安貴族列伝(7)
倉本 一宏
韓国政府が全力で対策、それでも感染が拡大した理由
ウイルス拡散でリスクを抱える韓国のある習慣
平井 敏晴