市民が集まる飲み会で改革の様々なアイデアが誕生

市町村合併の欠点を長所に変えた東近江市(2)
2014.6.3(火) 川嶋 諭
記事へ戻る
障害者施設、高齢者施設、農家レストランが連携した「あいとうふくしモール」
東近江市総務部まちづくり協働課主幹の山口美知子さん。東京農工大学大学院修了。滋賀県職員から東近江市職員に転身。林業普及指導員。滋賀地方自治研究センター理事として、またkikito(湖東地域材循環システム協議会)の事務局でも活躍している
これからは「量」と「質」両面からのアプローチができる行政職員の育成が必要
拡大画像表示
「ファームキッチン野菜花(のなか)」を経営する野村正次さん
ファームキッチン野菜花の店内。窓の外には田畑が広がる(写真提供:あいとうふるさと工房、以下同)
春らしい彩りの5月の野菜花ランチ
調理場では地元の主婦たちが働いている。メニュー開発も自分たちで行う

地域の写真

函館発、笑うに笑えない日本全国インバウンド音頭
地域再生のカギ「官民連携」はなぜ進まないのか
外と“半開き”、企業内コワーキングスペースの戦略
「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る
地方創生×オープンイノベーションのチカラ
「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る