住宅産業で世界一になれる日本の実力、その理由

建築研究所研究主幹・岩田司氏インタビュー
2013.3.26(火) 川嶋 諭
記事へ戻る
建築研究所の岩田司研究主幹・筑波大学大学院教授
金山杉を使った「高輪台の家」。建坪は約6坪の狭小住宅(詳細はこちら)である。(写真提供:マイスタジオ、以下同)
拡大画像表示
「高輪台の家」の1階台所部分
拡大画像表示
同2階部分。2階と1階の床の一部は簀子(すのこ)状で、地下1階から2階まで空気が循環するようになっている
拡大画像表示

産業の写真

沖縄から全国へ広まった苦瓜、なぜ「ゴーヤー」?
ついに出た、ポルシェ「カイエンクーペ」実力やいかに?
決着はいつ? あのトンデモ欠陥マンション事件の今
原油供給の主役となったシェールオイルに異変
Introducing Possi: music-playing toothbrush for children
「まさか!」の措置に衝撃受ける韓国の半導体業界

本日の新着

一覧
史上最長の景気拡大を謳歌する米国
不安と期待が交錯、好況を終わらせるものは何か?
The Economist
抽象アートが「わかる」ことを脳科学的に解明
HONZ特選本『なぜ脳はアートがわかるのか』
HONZ
混乱と不安定化をもたらす多弱野党の野合
育ってほしい少数の健全な野党
森 清勇
過去最大の人口減、経済戦略は本質的な発想転換を
ロスジェネ「第3次ベビーブーム」不在時点で決まった日本の運命
伊東 乾