住宅産業で世界一になれる日本の実力、その理由

建築研究所研究主幹・岩田司氏インタビュー
2013.3.26(火) 川嶋 諭
記事へ戻る
建築研究所の岩田司研究主幹・筑波大学大学院教授
金山杉を使った「高輪台の家」。建坪は約6坪の狭小住宅(詳細はこちら)である。(写真提供:マイスタジオ、以下同)
拡大画像表示
「高輪台の家」の1階台所部分
拡大画像表示
同2階部分。2階と1階の床の一部は簀子(すのこ)状で、地下1階から2階まで空気が循環するようになっている
拡大画像表示

産業の写真

スバルも飲み込み身動きが取れなくなっていくトヨタ
原発、自動車、米国で多額の賠償金背負う日本
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
「CEATEC 2019」幕張メッセで開催
アマゾンの料理宅配企業への出資を英競争当局が調査
ものすごく「臭かった」多摩川氾濫