パリで世界の頭脳を惹きつける、日本の研究所

ソニーコンピュータサイエンス研究所は紳士の集まりだった
2010.4.26(月) 鈴木 春恵
記事へ戻る
パリ、ピエール・マリー・キュリー大学の名誉博士号を授与された所眞理雄氏
登壇の順番を待つ名誉博士たち。左の女性がマサチューセッツ工科大学プレジデントスーザン・ホックフィールド氏。その隣が所氏
大広間の壁に掲げられた絵の中には、やはり同じような出で立ちで集う学者たちをテーマにしたものも
左から、所名誉博士、ジェラール学長、ブリオ教授
研究所近くの風景。奥に見えるドームは、パンテオン
所長のリュック・スティールス氏
パリ研究所のピーター・ハナペ氏
研究所のあるカルチェラタンの通り
パリ研究所のメンバー
ピエール・ロワ氏

国際の写真

ボルトンの首刎ね、捕らぬ狸の皮算用
最新作の映画で体験する1969年
韓国のタリバン、文大統領を一刀両断
途上国の見直し機運高揚で「一帯一路」は後退したか
サウジのエネルギー相はなぜ突然解任されたのか
米中戦争で漁夫の利、経済沸騰のベトナム