パリで世界の頭脳を惹きつける、日本の研究所

ソニーコンピュータサイエンス研究所は紳士の集まりだった
2010.4.26(月) 鈴木 春恵
この写真の記事へ戻る
パリ、ピエール・マリー・キュリー大学の名誉博士号を授与された所眞理雄氏
登壇の順番を待つ名誉博士たち。左の女性がマサチューセッツ工科大学プレジデントスーザン・ホックフィールド氏。その隣が所氏
大広間の壁に掲げられた絵の中には、やはり同じような出で立ちで集う学者たちをテーマにしたものも
左から、所名誉博士、ジェラール学長、ブリオ教授
研究所近くの風景。奥に見えるドームは、パンテオン
所長のリュック・スティールス氏
パリ研究所のピーター・ハナペ氏
研究所のあるカルチェラタンの通り
パリ研究所のメンバー
ピエール・ロワ氏

国際の写真

新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
縮小する中国自動車市場、新エネ車もついに失速
アメリカで政争の具になるEVの悲哀