パリで世界の頭脳を惹きつける、日本の研究所

ソニーコンピュータサイエンス研究所は紳士の集まりだった
2010.4.26(月) 鈴木 春恵
記事へ戻る
パリ、ピエール・マリー・キュリー大学の名誉博士号を授与された所眞理雄氏
登壇の順番を待つ名誉博士たち。左の女性がマサチューセッツ工科大学プレジデントスーザン・ホックフィールド氏。その隣が所氏
大広間の壁に掲げられた絵の中には、やはり同じような出で立ちで集う学者たちをテーマにしたものも
左から、所名誉博士、ジェラール学長、ブリオ教授
研究所近くの風景。奥に見えるドームは、パンテオン
所長のリュック・スティールス氏
パリ研究所のピーター・ハナペ氏
研究所のあるカルチェラタンの通り
パリ研究所のメンバー
ピエール・ロワ氏

国際の写真

放置は禁物、韓国政府代表が米国の新聞で日本を攻撃
インドネシア、汚職捜査機関が「骨抜き」の危機に
ドイツとユーロと具合の悪い真実
贈収賄が大手を振って歩き始めたロシアの秋
韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合
ブレグジット狂騒曲を見守る欧州諸国

本日の新着

一覧
韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合
核保有の朝鮮半島統一に備え日本は安全保障政策の見直しを
森 清勇
贈収賄が大手を振って歩き始めたロシアの秋
銀行のリストラを舞台に、賄賂の金額は異次元へ
大坪 祐介
ドイツとユーロと具合の悪い真実
欧州統合の最大の受益国、有権者に対価を説明しなかった原罪
Financial Times
子育てで親の責任は「3~4割」がいいところ
子どもの成長にとって想像以上に重要な「他人の力」
篠原 信