パリで世界の頭脳を惹きつける、日本の研究所

ソニーコンピュータサイエンス研究所は紳士の集まりだった
2010.4.26(月) 鈴木 春恵
この写真の記事へ戻る
パリ、ピエール・マリー・キュリー大学の名誉博士号を授与された所眞理雄氏
登壇の順番を待つ名誉博士たち。左の女性がマサチューセッツ工科大学プレジデントスーザン・ホックフィールド氏。その隣が所氏
大広間の壁に掲げられた絵の中には、やはり同じような出で立ちで集う学者たちをテーマにしたものも
左から、所名誉博士、ジェラール学長、ブリオ教授
研究所近くの風景。奥に見えるドームは、パンテオン
所長のリュック・スティールス氏
パリ研究所のピーター・ハナペ氏
研究所のあるカルチェラタンの通り
パリ研究所のメンバー
ピエール・ロワ氏

国際の写真

新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
虐げられる者の静かな怒り、ある日こうして爆発する
異例の公表、中国軍で新型コロナが大規模感染か
新型コロナ、世界経済に新種の脅威

本日の新着

一覧
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
「新型肺炎」に対する習政権と安倍政権
日本戦略研究フォーラム
新型ウイルス、米テック大手が悪質行為への対策強化
混乱に乗じた虚偽情報の拡散防止で各社が協力
小久保 重信
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
危機感募らせる習近平氏、早くも経済優先に舵切る
堀田 佳男
「戦国最弱」と愛される常陸の不死鳥・小田氏治
謙信越山:第4回「小田氏治の関東総進撃」
乃至 政彦