開戦から70年、小説「ノー・ノー・ボーイ」に見る
国家と個人、自分はいったい何者なのか

2011.12.8(木) 川井 龍介
この写真の記事へ戻る
NO-NO BOY の初版本
小説の舞台、シアトルにある駅の時計台
演劇「ノー・ノー・ボーイの一場面」(提供:Ken Narasaki)
在りし日のジョン・オカダ

本日の新着

一覧
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
行政と民間が取り組む大きな交通再編、その中身とは
有井 太郎
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
GSOMIA破棄を再検討、東京オリンピック妨害工作も
福山 隆
新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
多国籍企業の慢心があだ、世界の供給網に長期的な影響も
The Economist