開戦から70年、小説「ノー・ノー・ボーイ」に見る
国家と個人、自分はいったい何者なのか

2011.12.8(木) 川井 龍介
記事へ戻る
NO-NO BOY の初版本
小説の舞台、シアトルにある駅の時計台
演劇「ノー・ノー・ボーイの一場面」(提供:Ken Narasaki)
在りし日のジョン・オカダ