戦時の試練は3人の友情を揺るぎなきものにした

――手嶋龍一『スギハラ・ダラー』を読む
2010.2.19(金) 河野 通和
この写真の記事へ戻る
スギハラ・ダラー
手嶋 龍一著、新潮社、1680円(税込)2月25日発売予定
手嶋龍一(てしま・りゅういち)
1949年、北海道生まれ。外交ジャーナリスト・作家。2001年9・11(米中枢同時テロ)事件をNHKワシントン支局長として、11日間、不眠不休で中継放送したことは記憶に新しい。また、普天間基地問題で浮上した日米同盟の軋みを80年代から予言していた『たそがれゆく日米同盟』、湾岸戦争をめぐる日本の国際的孤立を描いた『外交敗戦』等で、日本外交の視野狭窄がもたらす不利益について警鐘を鳴らし続けてきた。2006年、初の小説『ウルトラ・ダラー』(いずれも新潮文庫)を上梓、「日々のニュースがこの物語を追いかけている」と読書界に衝撃を与えた。

ライフ・教養の写真

投資の神様ウォーレン・バフェットに学ぶ
サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰
新型コロナ終息せず、五輪中止のシナリオも用意せよ
定住生活で人類の生活水準は低下し寿命も縮まった
テーマ型の投資信託ってどんげね?
のんびり寝ていた猫、犬に驚いてビックリな行動に

本日の新着

一覧
サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰
マンチェスター・シティが違反した「ファイナンシャル・フェアプレー」とは
後藤 健生
新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能
数多 久遠
懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う
誰にもある懲戒解雇のリスク、もし我が身に降りかかったら
尾藤 克之