イノベーションはなぜ起きたか(下)

「指さない将棋ファン」がとらえた現代将棋の「もっとすごい」可能性
著者インタビュー 梅田望夫氏
2009.6.19(金) 河野 通和
記事へ戻る
梅田望夫氏
1960年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。東京大学大学院情報科学科修士課程修了。94年からシリコンバレー在住。97年にコンサルティンング会社、ミューズ・アソシエイツを創業。2005年より株式会社はてな取締役。著書に『ウェブ進化論』『ウェブ時代をゆく』『シリコンバレー精神』『ウェブ時代5つの定理』などがある。趣味は将棋鑑賞、大リーグ野球観戦。ブログは「My Life Between Silicon Valley and Japan
「将棋って、どこかに曖昧さが残るものなんです」
羽生さんは「インターネット時代の思想の本質」を体現している、と梅田氏
シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』梅田望夫著、中央公論新社、1300円(税別)
「現代将棋の世界は、社会現象を先取りした実験場でもあるんです」

ライフ・教養の写真

上原浩治「正座をして見た」工藤公康さんのピッチング
企業とスポーツとの協働が注目される理由
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権