イノベーションはなぜ起きたか(下)

「指さない将棋ファン」がとらえた現代将棋の「もっとすごい」可能性
著者インタビュー 梅田望夫氏
2009.6.19(金) 河野 通和
この写真の記事へ戻る
梅田望夫氏
1960年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。東京大学大学院情報科学科修士課程修了。94年からシリコンバレー在住。97年にコンサルティンング会社、ミューズ・アソシエイツを創業。2005年より株式会社はてな取締役。著書に『ウェブ進化論』『ウェブ時代をゆく』『シリコンバレー精神』『ウェブ時代5つの定理』などがある。趣味は将棋鑑賞、大リーグ野球観戦。ブログは「My Life Between Silicon Valley and Japan
「将棋って、どこかに曖昧さが残るものなんです」
羽生さんは「インターネット時代の思想の本質」を体現している、と梅田氏
シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』梅田望夫著、中央公論新社、1300円(税別)
「現代将棋の世界は、社会現象を先取りした実験場でもあるんです」

ライフ・教養の写真

ニューヨークの真ん中で“言語”を考える
新型肺炎、政府が恐れるロシア発「五輪ボイコット」
幕末の侍が経験した「病と隣り合わせ」の決死の船旅
新型肺炎でよみがえる福島第一原発事故の悪夢
新型コロナウイルス対策としての在宅勤務ノウハウ
長期的に資産を増やす!「投資信託」でできること

本日の新着

一覧
米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
「制定時の1996年とは状況が異なる」と指摘
小久保 重信
幕末の侍が経験した「病と隣り合わせ」の決死の船旅
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第30回)
柳原 三佳
NHKは公共放送の原点をどこにおいているのか
北方領土返還要求全国大会や関連論文から検証する
森 清勇
新型肺炎、政府が恐れるロシア発「五輪ボイコット」
浮かび上がる、新型コロナを理由に「出場辞退国続出」という悪夢
臼北 信行