イノベーションはなぜ起きたか(下)

「指さない将棋ファン」がとらえた現代将棋の「もっとすごい」可能性
著者インタビュー 梅田望夫氏
2009.6.19(金) 河野 通和
記事へ戻る
梅田望夫氏
1960年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。東京大学大学院情報科学科修士課程修了。94年からシリコンバレー在住。97年にコンサルティンング会社、ミューズ・アソシエイツを創業。2005年より株式会社はてな取締役。著書に『ウェブ進化論』『ウェブ時代をゆく』『シリコンバレー精神』『ウェブ時代5つの定理』などがある。趣味は将棋鑑賞、大リーグ野球観戦。ブログは「My Life Between Silicon Valley and Japan
「将棋って、どこかに曖昧さが残るものなんです」
羽生さんは「インターネット時代の思想の本質」を体現している、と梅田氏
シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』梅田望夫著、中央公論新社、1300円(税別)
「現代将棋の世界は、社会現象を先取りした実験場でもあるんです」

ライフ・教養の写真

最上級ラグジュアリーツアーが持つ大きな可能性
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
Visiting Q plaza Ikebukuro
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
東大で行われているセンターオブイノベーション
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力

本日の新着

一覧
子供への指導法:自らの成功体験は間違っていないか
「成功体験」の勘違いで自分の子供の命を奪った「親心」(2)
伊東 乾
観光客急増の飛騨高山から嘆きの声が聞こえる理由
値引き合戦に人手不足、プラスの経済効果だけではなかった
姫田 小夏
参院選は与党圧勝 、日本の野党はなぜこんなに弱い
いつまで経っても日本に二大政党制が根付かない3つの理由
朝比奈 一郎
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
海洋進出を加速する中国、日本はどう防衛するのか(前編)
北村 淳