サイバー攻撃は日々進化しており、速度、ステルス性、効率性を上げるために新しい手法を次々と生み出しています。そして、それに対応するためのサイバーセキュリティ戦略も常に変化していかなければなりません。この資料では、深刻さが増す脅威の状況において、セキュリティチームが知るべきこと、行うべきことに関する重要な情報について説明しています。

 一例をあげると、2023年のサイバー犯罪 (eCrime) の平均ブレイクアウトタイムは62分、記録されている最速のブレイクアウトタイムは2分7秒でした。ブレイクアウトタイムとは「攻撃者が初期の侵入を果たしてから、水平展開(ラテラルムーブメント)するまでの時間」であり、一度内部に入ってしまえば、脅威アクターが最初のディスカバリツールをドロップするのにかかる時間はわずか31秒です。

※資料より抜粋

 資料では、過去のインシデントの詳細を学ぶことで、攻撃者が何を求め、誰を標的にし、どのように活動しているのかを知ることができます。また、進化を続ける攻撃者エコシステムから組織を守るための5つの推奨事項を提言しています。セキュリティ担当者だけでなく、経営リスクを防ぐという点から、経営者や経営幹部、経営企画部門にも一読することをお薦めします。

【期間限定:資料ダウンロード】
62分で明暗が分かれる、企業がとるべき5つの推奨事項
深刻さを増すサイバーセキュリティの包括的調査レポート

下記ダウンロードボタンより、フォームに必要項目をご入力後、
「個人情報取り扱い同意書」をご確認の上、
「登録内容を確認する」をクリックしてください。