視聴時間 01:58

ロシアの首都モスクワで9日、第2次世界大戦の対独戦勝記念日の式典があった。ウラジーミル・プーチン大統領は演説で、ウクライナ侵攻の正当性を改めて主張した。

演説の中でプーチン大統領は、「いまこの瞬間も我々の部隊がドンバスの子供たちのため、祖国ロシアのために戦っている」と述べた。

BBCのスティーヴ・ローゼンバーグ・ロシア編集長が、パレードが行われた赤の広場から報告する。