(英フィナンシャル・タイムズ紙 2022年4月29日付)

プーチンが核兵器を使わないという保証は全くない

 ウラジーミル・プーチンが核兵器の使用をちらつかせて威嚇するのを厭わないことは、ある意味では良い兆候だ。

 ロシアが恐らくウクライナで負けていることを意味するからだ。

 壊滅的な兆候である可能性もある。もしプーチンの狙いが西側陣営を怖がらせることにあるのなら、その企みは失敗している。

 北大西洋条約機構(NATO)はウクライナへの物資補給を段階的に増強し続けている。問題は、ロシアの敗北は避けられないとプーチンが考えた場合にどんな行動に出るか、だ。

 プーチンは、どんな手を打つか正確に理解していると匂わせ続けている。ハッタリをかけているのだろうか。

 これについては本人でさえ答えが分かっていないこともあり得る。

キューバ危機以来、最も危険な時期に突入

 いずれにしても、もう取り返しのつかないことが起きた。

 プーチンは核兵器の使用をちらつかせることでキューバ危機以後のタブーを犯した。それだけでも、我々はもう新たな領域に足を踏み入れたことになる。

 大半の人が気づかぬうちに、世界は今、1962年のキューバ・ミサイル危機以降で最も危険な時期に入りつつある。

 50歳未満の人の大多数は、核の亡霊は前世紀の遺物だと思いながら育った。

 ここ数週間で、核ミサイルの撃ち合いの見通しが、今世紀の平和を揺るがす最新の脅威になっている。