※本動画コンテンツは、2021年11月26日に開催されたJBpress主催「第11回 DXフォーラム」の特別講演Ⅱ「世界最先端のDX戦略」の内容を再掲載したものです。

 新型コロナの感染拡大により、多方面でビジネスに制約がかかる中、世界最大手小売チェーンのウォルマートがDXを成功させ、一層の成長を遂げています。本動画では、立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授の田中道昭氏が、DXを成功に導いたウォルマートの強みや大胆な新規事業について解説した後、複数企業のビジネス変革にみる「パーパス」の重要性や、「ポストGAFA」時代の新しい動きなどを話します。

 この動画では冒頭、自社アプリの普及によって店舗受け取り・配送サービス事業を300%成長させることに成功した、ウォルマートの構造的強みを分析。新規広告プラットフォーム事業である「ウォルマート・コネクト」を紹介した上で、超大手小売チェーンの「メディア化」という、世界最先端とも言える取り組みを語っていきます。

 続いて同氏は、創業100年以上を誇るフィリップスと、世界で最も成功した新興企業であるネットフリックスを取り上げ、双方のビジネス変革で「パーパス」が果たしている役割を解説。その後、最近の株主・消費者にみられている新しい活動・消費運動を取り上げ、今後、企業が何を重視していかねばならないかなどを話していきます。

 近年、複数あった買い物用アプリを統合し、これにモバイル決済用アプリ「ウォルマート・ペイ」を加えて、スーパーアプリ化したことでも話題のウォルマート。注目度の高い同社のDXの取り組み・動向は、経営者・業務変革に携わる方々にとって、必ず押さえておきたいものと言えます。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のコメンテーターでもある同氏が、平易に解説します。