※本動画コンテンツは、2021年11月15日に開催されたJBpress主催「第4回ものづくりイノベーション」の特別講演Ⅰ「『共感×つなぐ×巻き込む』デジタル経営」の内容を再掲載したものです。

 5G・AI・IoTなどを介したデータ活用に商機がみられる現在、デジタル技術を新規ビジネス創出に最大限生かすには、どのような発想法・姿勢で臨めばよいのでしょうか。本動画では、東京大学大学院工学系研究科で教授を務める森川博之氏が、海外事例を紹介しながら、今どのような視点で考え、どう取り組むことで新しい価値が創造できるのか、その方法を分かりやすく解説します。

 冒頭、同氏は有効にデータ活用をするには、まずリアル社会とサイバー空間との相互連関の重要性に気付く必要があるとした上で、著名な経営学者たちの言葉を引用。デジタル時代にイノベーションをもたらすための“隠れたニーズを見出いだす方法”へと話を進めます。

 中盤では、オンライン銀行タンデム、ウォルマートなど、注目海外企業の動きを取り上げながら、今ビジネスを拡大させるために必要な“気付き”を生む発想法や新規プロジェクトの取り組み方、多様性が企業にもたらすメリット等を解説。

 後半では、あらゆるモノ・人がデータでつながる時代の特性や、今後、企業を成長に導くために不可欠な視点などを明確にし、今ビジネス変革で最も重視すべきことは何かを語ります。

 著書『データ・ドリブン・エコノミー デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する』(ダイヤモンド社)で注目を集める同氏が、デジタル時代の新価値創造とそのポイントを語った本講演。デジタル化に取り組みつつも、新規事業創出や抜本的ビジネス変革に、ハードルの高さを感じられている経営者・DX担当者の方々には、特に必見の内容と言えるでしょう。