(英フィナンシャル・タイムズ紙 2022年3月9日付)

ロシアの通貨ルーブルは急落、ほかの国との兌換も難しくなっている

 悪は存在する。怒りと権力欲に駆られた悪は、クレムリンに鎮座している。そして自由と民主主義を夢見る罪を犯した国に侵攻している。

 どうすればこのような悪を打ち倒せるのか。

 経済制裁がウクライナ国民による抵抗と相まって、ウラジーミル・プーチンを撤退に追い込めるだろうか。さらには、これがプーチン政権の崩壊につながることもあり得るだろうか。

 それとも逆に、プーチンは核兵器を使用するところまでエスカレートするリスクを冒すのか。

強力な経済制裁に動く西側諸国

 西側による制裁が強力なことは間違いない。プーチンは制裁を「戦争行為に近い」と形容している。

 ロシアは世界の金融システムからほぼ切り離され、外貨準備の半分以上が役に立たなくなった。

 西側の企業は評判の悪化やリスクの増大を懸念し、ロシアに関わり続けることを怖がっている。

 キャピタル・エコノミクスのチーフエコノミスト、ニール・シアリングは、ロシアの国内総生産(GDP)が8%急減し、その後長い景気低迷が続くと予想している。

 中央銀行が政策金利を一気に年20%に引き上げたこと自体も重荷になるだろう。シアリングは楽観的すぎるかもしれない。

 米国のバイデン政権が主張しているように、ドイツは反対しているものの、西側が取るべき次の対策がエネルギーの輸出制限であることは明らかだ。

 控えめに言っても、プーチンの犯罪によって引き起こされたエネルギー価格の上昇がロシアに犯罪の原資をもたらす事態は好ましくない。

 ウクライナのエコノミスト、オレグ・ウステンコは、ロシア産エネルギーのボイコットを強く求めている。