視聴時間 02:16

アフガニスタンで長く厳しい冬が始まり、人道危機が訪れている。

昨年8月に武装勢力タリバンが権力を掌握して以来、アメリカなど複数の国がアフガニスタンに対する支援金を凍結。世界銀行や国際通貨基金も資産使用を停止し、同国は深刻な人道・経済危機に陥っている。

首都カブールでは、世界食糧計画(WFP)の配給列に多くの人が並んでいる。市場に製品が並んでいるものの、誰もそれを買えるだけお金を持っていないという。

100万人もの子供たちが栄養失調に陥る危険性があるという報告もある。

BBCでアフガニスタン特派員を務めていたクエンティン・サマーヴィル記者が、再びカブールを取材した。

プロデューサー:ファール・デイヴィース、カメラ:デイヴ・ブル