(英フィナンシャル・タイムズ紙 2021年12月31日付)

果たして2022年はどのような年になるのか――。FT執筆陣の大予測をお届けする

 2022年を間近に控えた世界は非常に予測しがたく、人をひどく動揺させる場所のように見えた。

 本紙フィナンシャル・タイムズ(FT)執筆陣も、ロシアや中国が隣国に侵攻するか否かを初めて問うに至っている(予測はどちらも「侵攻しない」だが、希望的観測かもしれない)。

 また、オミクロン型よりも質の悪い変異ウイルスが登場する可能性はまだあるとか、インフレ率は米国の目標水準には戻らないとか、金利の上昇が株価を直撃するとか、次回の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)でも温暖化を抑制するのに十分な合意には至らないとか、あまり楽観的でない予想を並べている。

 ジョン・ソーンヒルは、イーロン・マスク氏率いるテスラの株価が市場トレンドに抗って上昇すると予測しているが、これはご愛嬌かもしれない。

 FT執筆陣が2021年について行った予想20項目のうち、的中したのは17項目だった。

 米国のイラン核合意復帰については読みを誤り、新型コロナウイルスのワクチン接種については悲観的すぎた(世界の総人口のおよそ半分が2度の接種を終えており、大人に限れば過半数が接種を終えたと示唆されている)。

 米国企業の取締役会における多様性の向上もFTの基準を上回った。

 今回は執筆陣と同じく17項目的中した読者が8人いたため、同点決勝の項目で判定したところ、総合優勝は米国マサチューセッツ州のアトゥール・アルヤさんに決定した。お祝いを申し上げる。

 20項目および同点決勝の1項目の予想でFT執筆陣を負かせるかどうか、読者も腕試しをしてみてはいかがだろうか。

 本名と電子メールアドレスを明記のうえ、ご応募されたい。

https ://survey.ft.com/jfe/form/SV_5AZ7GYku4pD2NRY

 新年が楽しく安全な年になりますように。

By Neil Buckley