視聴時間 03:08

南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)政策撤廃に大きく貢献し、ノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツ元大主教が26日、ケープタウンで死去した。90歳だった。

BBCのノムサ・マセコ南アフリカ特派員が、元大主教の人生と功績を振り返る。