(英フィナンシャル・タイムズ紙 2021年9月10日付)

バイデン大統領の支持率が急降下しているが・・・

 これはカフェインとりすぎのメディアのせいにすべきだろう。

 つい数週間前、ジョー・バイデン大統領は大成功を収めたと広く称えられていた。新型コロナウイルスの感染は衰え、米国の景気は急回復していた。

 民主党は、大統領の野心的な景気対策法案を初秋に議会で可決・成立させるように見えた。バイデン氏とフランクリン・ルーズベルト(FDR)を比較する早計なやりとりが飛び交った。

 それがここ数週間の失敗ですべてひっくり返った。

 デルタ型変異ウイルスの蔓延で消費マインドが落ち込み、雇用統計が悪化した。今では、来年の中間選挙で民主党は負けるとの予想が広まっている。

 実際に負ければ、バイデン大統領はレームダックになる。

 世間の人々は突如、バイデン大統領は「失敗した」と宣告するようになっている。「デルタ株はいかにしてバイデンを倒したか」記録する人も出てきている。

手のひら返しの政権批判

 今この段階でバイデン氏を見限るのは、ラシュモア山に新たに肖像を彫る場所を確保するのと同じくらい早とちりだ。

 ターニングポイントは7月4日の週末だった。

 バイデン氏は、この独立記念日までにコロナワクチンを国民の70%に接種する目標を自ら掲げていたが、達成できなかったのだ。

 その数週間後には目標に達し、現在の接種率は75%で、ほとんどの欧州諸国に後れを取っているとはいえ、悲惨な水準ではない。