視聴時間 03:56

イギリスのサッカー・プレミアリーグ、トッテナム・ホットスパーズでプレイする韓国出身のソン・ヒュンミン選手に対する試合中のきわどい判定をめぐり、ソーシャルメディアで、悪質な差別投稿が飛び交ったことに抗議して、多くのサッカー選手が次々とソーシャルメディアをボイコットしている。

新型コロナウイルスのパンデミックを機に欧米諸国でアジア系住民への人種差別が悪化する中、ソン選手への中傷など、イギリスでのこうした差別があらためて問題視されている。

アメリカでは昨年、アジア系住民への事件が相次いだ。今年1月に就任したジョー・バイデン大統領の強い働きかけもあり、連邦議会で上院が4月22日、アジア系アメリカ人への犯罪対策を強化する「COVID-19ヘイトクライム」法案を可決した。近く下院審議が予定されている。

イギリスのアジア系コミュニティーのリーダーたちは、イギリスでもパンデミックが始まった当初から、自分たちへの暴言や攻撃が劇的に増えたと話す。

こうしたアジア系への犯罪の通報は、パンデミックの発生当初、ロンドンだけでも過去の3倍に上った。しかし、警察も人権活動家も、多くの事件は通報されないままだと話す。

BBCのファーガル・キーン特別編集委員が、憎悪犯罪の被害者たちに話を聞いた。

(撮影・編集:デイヴ・ブル、画像:ニック・モットゥーレ、プロデューサー:カラ・スウィフト)