(英フィナンシャル・タイムズ紙 2021年4月23日付)

タッカー・カールソン氏(2017年3月2日撮影、写真:AP/アフロ)

 もしも理想的な金権ポピュリストを生み出せるなら、その人は特権階級の出身で、一見したところ労働者階級の運命について腹を立て、低税率経済を支持し、蝶ネクタイを着けているだろう。

 米FOXニュースで一番の視聴率を誇る司会者タッカー・カールソン氏は、しばらく前に蝶ネクタイをやめた。それ以外の面では、まさに金権ポピュリズムを体現している。

 これは金持ちのデマゴーグ(扇動家)が国民の怒りをそらし、特にマイノリティー(少数派)へ向かわせる手段だ。

 ジョージ・フロイドさんを殺害した元警官のデレク・ショービン被告に21日下された評決に対してカールソン氏が示した反応は、同氏自身が引いたかすかな一線をも超えていた。

 3つの罪状について陪審が下した有罪評決は「文明に対する攻撃」だと言った。

 これは満場一致で有罪の評決に至った陪審団に「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」が脅しをかけた結果として出たもので、「お願いだから私たちに暴力を振るわないで」という意味だと言ってのけた。

 フロイドさんの本当の死因は薬物の過剰摂取だとカールソン氏は何度も繰り返した。

 そう、陪審員たちが何度も何度も動画で見た9分間の窒息が死因ではない、というのだ。

白人保守主義の代弁者、大統領選に出馬か

 カールソン氏の感情の爆発は、2つの理由から注目に値する。

 まず、同氏は米国で最も人気の高い保守派のテレビ司会者で、番組の視聴者は毎晩300万人を数える。

 ドナルド・トランプ前大統領がツイッターアカウントを失って以来、カールソン氏は憤慨する白人保守主義の一番の代弁者になった。

 一部には、同氏が2024年の大統領選挙に向けた共和党の指名候補争いに参加する可能性があると考えている人までいる。