視聴時間 02:55

米ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月に黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46)を死亡させたとして、殺人罪などに問われた元警官で白人のデレク・チョーヴィン被告(45)の裁判で、陪審は20日、すべての罪状について有罪評決を出した。

裁判所前に集まっていた人々は、有罪の一報を聞いて歓声をあげ、フロイドさんの名前を叫んで勝利を祝った。

また、ミネアポリスの美容院では従業員や客が裁判の行方を見守り、判事の有罪という言葉に喜びを分かち合った。

美容師のアリシア・ウィットフィールドさんは、「これでやっと息ができる(中略)誰かが私たちの味方だということが分かった」と話した。

チョーヴィン被告は、第2級殺人、第3級殺人、故殺の3つ罪すべてで有罪とされた。