視聴時間 03:13

今月9日に99歳で亡くなった英王室の故エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン近郊ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われた。

式典には730人あまりのイギリス軍の兵士による、軍楽隊の演奏や礼砲、行進などがあった。一方、礼拝堂内での葬儀には、エリザベス女王や息子のチャールズ皇太子など近親者30人のみが参加した。

葬儀には午後3時(日本時間午後11時)、全国的な黙祷(もくとう)の後に始まり、殿下の棺は礼拝堂の納棺室に納められた。