視聴時間 01:25

今月9日に99歳で亡くなった英王室の故エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン近郊ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われた。殿下自身が大掛かりな葬儀を望まなかったことと、パンデミック対策の配慮もあり、近親者30人のみの参列に限られた式典は午後3時(日本時間午後11時)、全国的な黙祷(もくとう)の後に始まり、殿下の棺は礼拝堂の納棺室に納められた。

公爵の紋章旗に覆われ、白バラの花輪と、公爵がかつて義父ジョージ6世に与えられた軍帽と軍刀を載せた棺は、公爵自身が改造にかかわったランドローバーに載せられ、礼拝堂へ進んだ。

軍楽隊の演奏や礼砲、鐘の音が鳴り響く中、棺の後ろを公爵の4人の子供、チャールズ皇太子、アン王女、アンドリュー王子、エドワード王子が礼服姿で続き、さらにその後ろをウィリアム王子やハリー王子など他の参列者が歩いて付き添った。その後ろに、王旗を掲げた車に乗ったマスク姿のエリザベス女王が続いた。