視聴時間 03:03

イギリスでは、新型コロナウイルス流行を受けたロックダウン中、光害が大幅に減少した。

空を見上げて10個以下しか星が見えない場合は、光害が深刻だとされる。イギリスではロックダウン期間中、星が10個以下しか見えないと答えた人が10%減少したという。

光害は人間の健康だけでなく、野生動物の生態サイクルや習性にも悪影響を与える可能性がある。

BBCのジャスティン・ロウレット環境担当主任編集委員が、ノーサンバランドのキールダー観測所を訪ね、イングランドでもっとも暗い夜空を取材した。