アルバトフが残した名言

「我々は、あなた方に対してとんでもないことをしようとしている」

 ソビエト連邦のアドバイザーだったゲオルギー・アルバトフは、1980年代に行った講演で米国人の聴衆にそう語りかけたと言われる。

「あなた方から敵を奪い取ろうとしているのだ」

 その当時はとても気の利いた、しかし自暴自棄なセリフだと思われたに違いない。しかし今日では、ぞっとするほどの先見の明があったのだと解することもできる。

 もし敵を奪い取られた状況が終わりつつあるのなら、米国は影響力を失う分だけ一体感を手にすることになる。どちらがより貴重であるかは、言うまでもないはずだ。

By Janan Ganesh
 
© The Financial Times Limited 2021. All Rights Reserved. Please do not cut and
paste FT articles and redistribute by email or post to the web.