(英エコノミスト誌 2021年2月6日号)

かつてない熱気をみせるウォール街

ハイテクと金融が交わった。これは有望だが、不安定な組み合わせだ。

 ウォール街での出来事があまりに奇妙な展開を見せたことから、ネットフリックスがこれをドラマ化して永遠に残す計画を立てていると言われる。

 だが、そのドラマはどのような筋書きになるのか。

 まさに政治の世界で見られたように、大口取引が行われる金融界を反体制活動が混乱させる話になるのか。

 それとも、値動きの激しい株式、気取ったオンライントレーダー、そして証券会社の資金ショートなどが相場の暴落が近いというシグナルを発信する様子を描くことになるのか。

 これではどちらも、市場で本当に起きていることを正面からとらえたことにはならない。

 市場では今、売買手数料を無料にしたり、情報の流れを変えたり、新しいビジネスモデルの成長を促進したりするのに情報技術(IT)が利用され、市場のあり方そのものが変わろうとしている。

 しかも、ここ数週間の大騒ぎにもかかわらず、この動きは長期的に大きな恩恵をもたらすことになりそうだ。

掲示板の群衆が起こした反乱

 もちろん、脚本家がそんなことを長々と説明してくれるのを期待してはいけない。

 脚本家が目をつけるのは、オンライン掲示板レディットに設けられた投資フォーラム「ウォールストリート・ベッツ」の登録者800万人の方だ。

 スウォーム・トレーディング(蜂群取引)とでも呼べそうな、冒険的な金融取引を新たに編み出した人々だ。

 フォーラムの登録者たちは1月下旬、いくつかの無名の銘柄に買い注文を入れ、株価をつり上げた。

 その結果、それらの銘柄が値下がりすると予想して空売りを仕掛けていたヘッジファンドが巨額の損失を被った。

 おまけに、株価のボラティリティー(変動)が高まったために、注文を取り次いでいたオンライン証券会社が清算機関への預託金の積み増しを求められ、資金不足に陥った。

 代表格であるロビンフッドは1月28日以降、34億ドルもの資金調達を強いられた。

 その後、「蜂群」は移動した模様だ。