視聴時間 01:39

米カリフォルニア州で深刻化している山火事の煙によって、サンフランシスコの空がオレンジ色に染まっている。

街は昼間にもかかわらず暗く、通行人からは「世界の終わりのようだ」という声も聞かれた。

山火事ではこれまでに250万エーカー(約1万平方キロメートル)以上が焼け、8人が亡くなっている。