(英エコノミスト誌 2020年7月25日号)

世界中がお札を刷る欲求を抑えられなくなっている

各国政府は今、好きなだけお金を使うことができる。これはチャンスをもたらすが、大きな危険も潜んでいる。

 各国政府は2007~09年の世界金融危機を無駄にした、影響が一段落してから経済政策を再検討すれば良かったのにそうしなかった、との指摘が時折聞かれる。

 同じことを新型コロナウイルス感染症「COVID-19」について口にする人はいないだろう。

 つい数カ月前まで異端だとか想像を絶するなどと言われていた政策が、大慌てで実行に移されているからだ。

 その結果、経済学においても、それこそ一世代に一度しか起こらないような大きな変化が生じている。

 人好きのするケインズ経済学がミルトン・フリードマンの厳格なマネタリズムに主役を奪われた1970年代のように、そして中央銀行に独立性が与えられた1990年代のように、新しい時代の幕開けがパンデミックによって告げられている。

 この新時代の最大の関心事は、この機会を利用することと、国家による経済と金融市場への大規模介入から生じる巨大なリスクを抑制することの2点となる。

 新時代を定義づける特徴は4つある。

 第1の特徴は、今日の政府の借入額が仰天するほど巨大であることと、さらに際限なく増えていきそうにも見えることだ。

 国際通貨基金(IMF)の予測では、裕福な国々は今年だけでその国内総生産(GDP)の合計の17%に相当する資金を借り入れ、経済を回し続けるための政府支出と減税に計4兆2000億ドルを使う。

 それだけではない。米国の連邦議会は追加的な支出パッケージを現在検討中で、欧州連合(EU)は共通債の発行によって新たな景気刺激策の原資を調達することを合意したばかりだ。

 EUは政治のルビコン川をついに渡った格好だ。