(英フィナンシャル・タイムズ紙 2019年10月9日付)

英国のボリス・ジョンソン首相

 1933年、ナチス・ドイツの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは次のように語った。

「ドイツ国家の近代的な構造は、より高度な形態の民主主義である。ここにおいては国民の負託によって統治が権威をもって行われ、国民の意思の遂行を妨げたり不首尾に終わらせたりする議会の干渉が行われる可能性は存在しない」

 ボリス・ジョンソン首相の発言がこのような感じにしばしば聞こえることを考えると、英国がいかに落ちぶれてしまったかが分かる。

 ジョンソン氏は、重要な時期に議会を5週間閉会することでブレグジット(英国の欧州連合=EU=離脱)の交渉に対する「議会の干渉」を防ごうとした。

また、議会閉会は違法だったとする最高裁判所の全会一致での判決に異議を唱えた。

 EUとの合意に達しない場合にはリスボン条約50条による離脱期限の延期を首相が要請しなければならないと定めた法律(通称「ベン法」)もできたが、ジョンソン氏はこれを無視できると述べ、ベン法を「降伏法」だと非難している。

 そして最悪なことに、次の総選挙を「国民vs議会」の戦いに仕立て上げようと企んでいる。

 英国は一体どうして、首相が議会を無視すべき障害物だと見なす状況に至ってしまったのか。

 シンプルに答えるなら、それは激しい論争を引き起こすテーマについての著しく思慮のない国民投票を議会制度に持ち込むことを決めたからだ。