IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.07.17

アマゾンと正面対決!ウォルマートの意外な秘策とは
IoT時代、<デリバリーの常識>が変わる

BY

米国・ピッツバーグのウォルマートの店舗(写真:AP/アフロ)

(朝岡 崇史:ディライトデザイン代表取締役)

 お客様がオンライン注文した食料品を配達人が留守宅の「冷蔵庫の中」までお届けする──。

 米ウォルマート・インク(以下「ウォルマート」)のタグ・マクミロンCEOは2019年6月7日に開催された年次総会で、株主や社員を前に「インホーム・デリバリー」のサービスを今秋から始めると発表した。

 お客様はスマートフォンのアプリを使って、注文する商品と配達希望日時を指定するだけ。すると配達人が店舗で揃えられた注文品を携え、スマートエントリー技術を使ってお客様宅に入る。YouTubeの映像を見れば一目瞭然だが、配達人はウォルマートの制服を着た従業員だ(ウォルマートは、米国に1年以上住んでいて特別な訓練を受けた従業員であるとしている)。配達人はお客様の家で食料品を効率よく、しかも見た目も美しく冷蔵庫や冷凍庫に収納する。配達人のユニフォームの胸のあたりには独自のウェアラブルカメラが取り付けられており、お客様は配達と冷蔵庫への収納の様子の一部始終をスマートフォンアプリで遠隔監視することもできるという。

 ウォルマートは「インホーム・デリバリー」サービスを、ミズーリ州カンザスシティ、ペンシルベニア州ピッツバーグ、フロリダ州ベロビーチの3都市に住む100万人以上のお客様を対象にスタートする予定だ。

 ネット通販は「ラストワンマイル」(物流の最終拠点からお客様に商品を届ける、商品配送の最後の区間)がカギを握る、と言われている。そして、都合の良いことに、ウォルマートによれば、米国住民の9割はウォルマートが展開する4700店舗から半径10マイル(16キロ)圏内に居住しているのだという。

 ウォルマートはこの斬新な宅配サービス「インホーム・デリバリー」導入によって、ヒートアップするアマゾンとのラストワンマイルの戦いに機先を制することができるのだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホで簡単に作れるオーダーメイドインソール【8/26体験展示】
【これは】世界のメイカーズが注目するM5Stack本社に行ってきた!【勝てない】
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(番外編1)UNISONet 7つの特徴、今後と海外への展開は? ~ソナスインタビュー前編【ネット新技術】
話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線
USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」
アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」
遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち
ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ
トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート
仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】
中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑
なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか
IoT・AI技術にまつわるオープンイノベーション最前線を知る【8/26セッション観覧募集中】
本当に使えるビッグデータはどこにあるのか?-倶楽部情報局
IoT機器の見守り駆けつけサービス「IoT Saver」
ロシアNo.1キャリアのビッグデータ活用術「340万人の批判者を原因別に分類」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。