(英フィナンシャル・タイムズ紙 2019年5月30日付)

フィアット、ルノーに経営統合を提案 世界3位の自動車メーカー誕生か

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズのロゴ(左、2017年1月12日撮影)と仏自動車大手ルノーのロゴ(2016年1月15日撮影、いずれも資料写真)。(c)MARCO BERTORELLO and LOIC VENANCE / AFP〔AFPBB News

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が5月末提案したルノーとの経営統合には、過去のつらい記憶を呼び覚ます要素がある。

 両社の時価総額の合計は330億ユーロで、名目ベースで見るなら、自動車業界史上最悪の合併失敗とほぼ同じ規模なのだ。

 1998年の370億ドル規模のダイムラーとクライスラーの統合がそれだ。

 多くの企業合併と同様に、ダイムラー・クライスラーも期待が経験に勝利した結果実行され、その1年後にはあのカルロス・ゴーン氏の率いるルノーと日産自動車のアライアンスが実現した。

 ダイムラー・クライスラーの合併は2007年に解消され、誰もがほっと胸をなで下ろした。

 そしてゴーン氏は、特別背任罪などの容疑により日本で起訴され、日産幹部の「陰謀と裏切り」を非難している。

 それでも自動車会社が結婚を切望する理由は、FCAが故セルジオ・マルキオーネ氏のもとで成功を収めたことと、各社がまさに死に物狂いになっていることの両方に求められる。

 マルキオーネ氏が2015年に事業統合の必要性を説いたプレゼンテーションは「ある資本中毒患者の告白」と題されており、少ない見返りのために多額の資金を投資せずにはいられない自動車業界の中毒症状は今も続いている。