◆特別公開中◆
本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 

 しかし、株価収益率(PER)は10倍台の後半で、調整の余地が残る。実際に調整すれば、その波紋は株式市場全体に及ぶだろう。

 比較的小幅な価格変動でも大規模な影響がもたらされる恐れがある。

 まだ市場時価総額が5000億ドルを上回っている大型ハイテク株4銘柄――アップル、アマゾン、マイクロソフト、アルファベット――が10日に失った時価総額は、計2000億ドルにも及ぶ。

 それ以上に際立った値下がりにすでに襲われてしまっているのが、著しく割高だった中国のインターネット関連株だ。

 アリババ集団は今年の高値から35%下げており、騰訊控股(テンセント)は42%安くなっている。

 「中国株式会社」の止めることのできない台頭のシンボルとして、アリババが時価総額でアマゾンを上回りそうに見えたのは、それほど昔の話ではない。

 この中国の電子商取引の雄は今日、アマゾンの40%程度の時価総額にとどまっている。

 10月第2週にウォール街を襲ったようなショックが観察されたら、次のような問いを避けて通ることはできない。