IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.22

2020年、スポーツ観戦は選手と同じ目線で楽しむ
VR、自由視点、スマートスタジアムで柔軟な観戦スタイルが可能

BY

先端映像技術を取り入れるオリンピック

4年に一度のウィンタースポーツの祭典、冬季オリンピック・パラリンピック。韓国・平昌で行なわれた今大会では、オリンピックで日本史上最多となるメダル獲得に沸いたのは記憶に新しい。

そんなスポーツの祭典では、現場の臨場感を伝えようと様々な先端映像技術が取り入れられるが、今大会で注目すべきはなんといっても"VR”の活用だろう。

オリンピックでのVRといえば、オリンピック放送機構(OBS)は2016年のリオデジャネイロ大会の際に史上初のVRコンテンツ制作を試験的に実施している。今大会ではホスト映像としてVRライブ配信も行なう初めての取り組みとなった。

NBCスポーツのほか、ユーロスポーツやNHKといったパートナーにVRコンテンツを提供。日本では「NHK VR」内でコンテンツを視聴できる。今回、OBSはインテルとともにVRコンテンツを制作した。インテルの「True VR」という多数のレンズを備えた専用カメラを用いて撮影。開会式・閉会式、アルペンスキー、スノーボード、フィギュアスケートなどの主要種目のライブ配信を行なった。

インテルは2024年までオリンピックの最高位スポンサーとなっており、今後の大会でもVRの活用が期待される。

どこでも、どこからでも見られる

平昌オリンピック・パラリンピックのように、近年ではテクノロジーが融合することによって新しいスポーツ観戦のスタイルが生み出され始めている。その動きは日本でも始まっている。

過去にIoT Todayでも報じたように、キヤノンは「自由視点映像」に取り組んでいる。自由視点映像とは、スポーツのプレイフィールドを取り囲むように配置した複数のカメラを同期して撮影し、そこから高精度の3D空間データを構築したもの。視聴者はその3D空間内で仮想カメラを動かすことで、フィールド内を自由に飛び回ったり、選手と同じ目線に立ったりといった様々な視点から好みの角度で映像を見られるようになる。これによって、あたかも視聴者はその場にいるかのような疑似体験ができるというものだ。

映像事例:Jリーグ公式戦(2016年11月3日:川崎フロンターレ対ガンバ大阪 神奈川県・等々力陸上競技場)

Free Viewpoint Video (CanonOfficial)

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI、人口の動態データを提供へ、スマホの位置情報を利用
X Infinity、IoTとモバイルアプリでコインパーキングの価値転換を図る「ParkX」を発表——駐車は管理される時代から、感謝・評価する時代へ
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第16回)周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」【ネット新技術】
UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。