~有料会員向け新サービスでWSJオンラインの購読が可能に~



 株式会社琉球新報社(沖縄県那覇市)は4月22日から「琉球新報WebNews」(https://ryukyushimpo.jp)で、有料会員向けデジタルサービスを開始します。記者が深掘りし解説を加えた有料記事を公開するほか、米国最大の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)オンライン」が購読できるようになります。



[画像: https://prtimes.jp/i/44098/1/resize/d44098-1-226262-0.png ]

 株式会社琉球新報社(本社・沖縄県那覇市、玻名城泰山代表取締役社長)は4月22日から「琉球新報WebNews」(https://ryukyushimpo.jp)で、有料会員向けデジタルサービスを開始します。記者が深掘りし解説を加えた有料記事を公開するほか、米国最大の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)オンライン」が購読できるようになります。
 躍動するアジア地域の中に位置する沖縄の地で、世界経済の動きを刻々と伝える経済専門紙の情報をお届けし、県民・読者の経済活動の発展に寄与できればと考えます。
 利用方法は、琉球新報IDを登録後に「琉球新報Store」で購読チケットを購入し、WSJ登録ページにアクセス。初回にのみ氏名やメールアドレスなどの入力手続きを済ませると、琉球新報経由でWSJオンラインの記事をすべて閲覧できます。
琉球新報社とWSJを発行するダウ・ジョーンズ社は2019年1月にデジタル分野の提携について契約を結びました。
 WSJは米国で生まれた経済専門新聞で、世界中で愛読されています。WSJオンラインサイトに掲載される記事は24時間体制で更新されています。日本語で、日本に関係の深い企業の動向のほか、米国内の政治・経済の解説記事や最先端のITやテクノロジーの記事も紹介しています。世界中に張り巡らされたWSJの取材ネットワークからもたらされる世界経済の動きを沖縄でキャッチし、ビジネスにご活用いただければと存じます。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES