281年の歴史を持つスイス高級時計ブランド



女性として世界で初めてエベレスト登頂を成し遂げた故・田部井淳子氏。彼女のエベレスト登頂を支えたのはスイス高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」の腕時計「ビバーク」でした。今回の回顧展において、田部井淳子氏の偉業を支えた登山具の一つとして田部井氏の「ビバーク」が展示されます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22079/23/resize/d22079-23-399135-1.jpg ]

1975年に女性として世界初のエベレスト登頂を成功した故・田部井淳子氏の回顧展が埼玉県日高市の高麗神社で開かれます。7月22日より29日まで開催されます。田部井淳子氏がエベレスト登山で使用したファーブル・ルーバの腕時計をはじめ、山で愛用していた登山装備や写真を展示。初めての海外遠征時の登山ノートや、遠征先から家族に宛てた絵葉書、直筆エッセイ原稿など、今回初めて公開される品々も。22日と29日は田部井淳子氏の夫である政伸氏や、息子の進也氏の講演会も行われます。(無料。講演会に関しては要申込)。

■ファーブル・ルーバ「ビバーク」

[画像2: https://prtimes.jp/i/22079/23/resize/d22079-23-171245-0.jpg ]

 

ファーブル・ルーバより1962年に発表された「ビバーク」は高度計(アネロイド気圧計)を世界で初めて搭載した腕時計です。軽量で、大きさは直径40mm。使用前に回転ベゼル(海抜3,000メートルまで測定可能)を操作し、現地点の高度を赤い針の先と合わせることで、高度を継続的に表示させることができます。また、同じ赤い針の先端が文字盤外周にて示す数値はミリバール単位の気圧を表します。高い精度と実用性を有する計器として、田部井淳子氏のエベレスト登頂を支えました。1968年に田部井淳子氏の夫である政伸氏が自身のヨーロッパの3大北壁の登攀の際に、ジュネーブの時計店にて購入。以後、時計は夫婦の間を行き来し、お互いの大切な登山の折に身につけられました。

■第3回 高麗郡偉人伝 登山家 田部井淳子 回顧展 ~いつも前を向いて~
会場   :高麗神社参集殿2階
住所    :〒350-1243 埼玉県日高市新堀833
展示期間 :平成30年7月22日(日)~7月29日(日)
開場時間 :9:00~16:00
入場料   :無料

講演会を含むイベント詳細については下記サイトをご覧ください。
http://komajinja.or.jp/topix.html

■ファーブル・ルーバ

[画像3: https://prtimes.jp/i/22079/23/resize/d22079-23-366586-2.jpg ]

1737 年にスイス、ル・ロックルにてブランド創業。以後一度も途切れることなく281 年間、機械式時計を作り続けています。19 世紀には懐中時計で各国の万博で数々の賞を受賞し、世界中に販路を広げました。20 世紀には天文台のクロノメーター検定にて優秀な成績を収めるだけでなく、実用性に基づいた新たな機能を搭載した時計を発表しました。代表作は1962 年に発表された世界初、高度計搭載の腕時計「ビバーク」や、1968 年に発表された世界初、デプスゲージ(深度計)搭載の腕時計「バシィ」です。現在のコレクションも実用的なスイス製計器がモットーであり、深海から地上の最高峰までを網羅する時計を揃えています。

本リリースに関する問い合わせ先
ファーブル・ルーバ日本総代理店 スイスプライムブランズ株式会社
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル5 階
TEL 03-4360-8669

ファーブル・ルーバ公式サイト
http://favre-leuba.com/jp/

ファーブル・ルーバ日本版サイト
https://www.gressive.jp/satellite_site/favre-leuba/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES