「平成30年7月豪雨」妊産婦、女性、乳幼児支援へのご寄付をお願いします。



このたび2018年7月に西日本の豪雨により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。ジョイセフは、被災された、特に女性・母子のための支援を開始します。「平成30年7月豪雨」妊産婦、女性、乳幼児支援へのご寄付をお願いします。



被災地において、女性や母子のケアやサポートに携わる助産師を始めとする関係者らと連携し、妊産婦、女性、乳幼児をサポートしていきます。

現在、緊急支援の進捗を見つつ、被災地域の妊産婦、女性、乳幼児が置かれている現状と今後の支援ニーズについて情報収集を急いでいます。

皆さまのご理解とご支援、ご協力をお願いいたします。

寄付は以下のサイトで受け付けます。
https://www.joicfp.or.jp/jpn/project/where/nishinihon/

これまでの日本国内でのジョイセフの被災地支援活動

■東日本大震災 (2011年3月~2016年3月)
岩手県、宮城県、福島県、茨城県において女性、妊産婦、乳幼児のための物資支援、被災産婦を対象にした義援金給付、家族計画サービスの提供、被災産婦への産後うつ予防のためのリフレッシュクラス等を開催。

[画像1: https://prtimes.jp/i/17711/19/resize/d17711-19-908209-4.jpg ]

 

■熊本地震 (2016年4月~2017年3月)
産後うつ予防のため、助産師の家庭訪問による産婦・乳幼児支援、避難所等での性暴力予防対策、母子の心のケアサロン等を実施。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17711/19/resize/d17711-19-388377-1.jpg ]

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES