鉄・ステンレス部品の切削加工で納期最短1営業日サービスが可能に。軟質金属パーツの最大サイズも面積比約2倍に拡張。プロトラブズは金属パーツの切削加工サービスを継続的に拡充。



プロトラブズ合同会社 (本社:神奈川県座間市、社長 ヴィクトリア・ホルト、以下プロトラブズ) は、ものづくりの現場の幅広い需要に応えるため、金属パーツの切削加工サービスをさらに拡充させるべく、6月1日より鉄・ステンレスパーツの切削加工で納期最短1営業日オプションを追加しました。加えて、アルミニウムパーツの切削加工対応サイズも拡張します。



今回拡充したサービスの概要は以下の通りです。

硬質金属のパーツ製造、最短1営業日の短納期が可能に

今回、製造体制の向上・強化により、プロトラブズで扱うすべての硬質金属鉄(炭素鋼:S45/50C、圧延鋼:SS400、ステンレス:SUS304/316) において、最短1営業日の短納期オプションが追加されました。

軟質金属のパーツ製造、対応サイズを面積比約2倍に拡張

新規に切削・旋盤加工設備を増設し、アルミニウム (A5052, A6061) の製造対応サイズが
340mm x 260mm x 44.5mm(3軸加工)までとなり、従来より面積比で約2倍に拡張されました。
[画像: https://prtimes.jp/i/2818/78/resize/d2818-78-655298-0.jpg ]

プロトラブズのオンデマンド受託製造サービスは、迅速な短納期対応が求められる試作品製造現場に加えて、小ロット生産現場においても幅広い業界で利用されています。多様化するものづくりのニーズに応えるため、プロトラブズはこれまでも設備・製造能力の増強ならびに製造サービスの拡充に投資してきました。
同社は今後も、国内における製造能力の強化、およびサービスの拡充を図る予定です。

※今後出展する国内のイベントにおいて、上記の新サービスによるサンプルパーツを展示します。
下記イベントのご取材を予定されている方はこの機会にぜひ、プロトラブズの展示ブースにお立ち寄りください。

2018年5月23日(水)~5月25日(金)「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」

https://expo.jsae.or.jp/

2018年6月20日(水)~6月22日(金)「設計・製造ソリューション展(DMS東京)」

http://www.dms-tokyo.jp/

 

(以上)

プロトラブズについて
プロトラブズはICTを駆使した独自のデジタル マニュファクチャリング システムにより、カスタムパーツの試作から小ロット生産をオンデマンドかつ画期的な速さで受託製造する会社です。最先端のICTテクノロジーを最大限に駆使することにより、CNC切削加工、射出成形パーツを数日で製作します。国内では2,500社様以上が利用しており、日本全国の製品開発者に他に類を見ない早さでパーツを提供しています。プロトラブズに関する詳細は、http://www.protolabs.co.jp をご参照下さい。プロトラブズの会社概要は、http://www.protolabs.co.jp/about で確認いただけます。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES