狭小敷地であっても住宅不動産“資産”として“活かす”戸建て賃貸住宅「WILL STYLE」



ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:濱村聖一、以下ハイアス)は、戸建て賃貸住宅「WILL STYLE」を全国の事業者とともに展開しています。この度、より狭小地対応が可能となる新商品「unicube-s(ユニキューブ エス)」を11月15日よりリリースします。加えて、「WILL STYLE」全シリーズにおいてZEH対応化した商品の提供を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/155/229/resize/d155-229-617870-0.jpg ]

「WILL STYLE」の新商品「unicube-s」は、一戸建てタイプでありながら、「unicube」の既存商品よりもさらに狭小地対応が可能な商品です。これまで「unicube」では対応しにくかった間口が狭い敷地への対応が強化されるため、オーナー様への提案機会が大幅に拡大します。

【「unicube-s」概要】
・建築面積:35.6坪
・特長:間口は狭いが奥行きのある敷地に対応可能な戸建タイプのプラン

また、「WILL STYLE」の4シリーズ全てにおいてZEH対応化した商品を提供開始します。既に3年前より2020年省エネ基準をクリアした賃貸商品をリリースし、高性能賃貸として展開していましたが、今後は省エネルギー基準よりも高い、ZEH基準を満たす賃貸住宅を供給していきます。

11月15日開催の第12回WILL STYLE全国大会のテーマは「建築と不動産コンサルティングの融合」。今回の新商品は、高性能住宅の建築に加え不動産資産活用の提案力を高めるために開発しました。

ハイアスでは、これまでも「WILL STYLE」ネットワークの活動において、オーナーの不動産に対する資産の有効活用や相続対策など資産コンサルティングを行うための提案手法として、「ハイアークラブ」(会員数約300社)の不動産コンサルティングのノウハウを活用してきました。相続や資産継承が絡む不動産取引市場の拡大が見込まれる中、地域工務店は建築請負を待っている状態にとどまらず、さらに不動産コンサルティング能力を高めることで競争優位性を高めるべきであると考え、会員企業とともにコンサルティング力の向上に一層力を入れる方針です。

戸建賃貸住宅はアパートなどの集合住宅と比べて低い建築コストで独立した居住空間の提供を可能にすることから、比較的高い家賃設定と長期の安定稼働が期待できる投資商品としての魅力と、狭小地や変形地への敷地対応力の高さという優位性を備えています。そのため遊休地の相続税制対策、相続時の遺産分割対策のソリューションとして有効な手法と言えます。

これからも「WILL STYLE」は不動産コンサルティングによって将来を見据えた資産運用の提案を行い、かつ高性能で快適な居住性を兼ね備えた戸建賃貸住宅を供給していくことでオーナーと居住者が共に納得する土地活用事業を提供していきます。

ハイアスでは引き続き住宅不動産の資産価値向上に資する活動を通じて、住宅不動産の取得が資産形成に直結する社会の実現を目指してまいります。

■「WILL STYLE」ネットワーク
55坪からの土地活用事業を可能にする戸建賃貸住宅「unicube」を主力商品として、敷地形状に応じて展開した商品「ecopatio(エコパティオ)」、「unifort(ユニフォート)」、「D-single(ディーシングル)」に、今回リリースする「unicube-S」をラインナップに加えて提供する、全国138社からなる工務店ネットワークです。これらの商品ラインナップはすべて「セルロースファイバー断熱材」である「デコスドライ工法」を標準採用した高性能住宅であり、国交省の建築物のエネルギー消費性能の建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)において高性能とされる☆3の基準値を上回る、☆4を標準仕様でクリアしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/155/229/resize/d155-229-600610-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/155/229/resize/d155-229-828931-3.jpg ]

 

[画像4: https://prtimes.jp/i/155/229/resize/d155-229-812203-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/155/229/resize/d155-229-367415-1.jpg ]

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES