オンキヨー株式会社は、タイガー魔法瓶株式会社が2017年9月11日に発売した炊飯ジャー「土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE炊きたて>JPG-X100」に当社加振器(当社「Vibtone」シリーズ※)が搭載されました。加振器を活用した音声再生を実現し、振動板を用いた従来のスピーカーユニットを使用することなく天面全体をスピーカーにして、高品質でクリアな音声/メロディーの再生を可能としています。
※Vibtone:振動(Vibration)+ 音(Tone)で開発された加振器の名称です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27644/26/resize/d27644-26-780643-0.jpg ]

【JPG-X100】

[画像2: https://prtimes.jp/i/27644/26/resize/d27644-26-353121-2.jpg ]

【加振器(Vibtone)】

家電製品での音声やメロディーの再生方法としては、振動板を有するスピーカーユニットの利用が一般的であり、高音質かつクリアな音を再生する場合には通常、音の出口を設けるために製品へ穴をあけることが必要とされてきました。しかし、防水性や気密性が必要とされる製品が多く、製品自体に音の出口である穴を設けることが困難であり、スピーカーユニットが持つ本来の再生音を充分に発揮することができませんでした。このような問題を解決する方法として、加振器の振動を利用し本来の性能が発揮できない環境においても加振器を取り付けた場所から高品位な音声再生を実現することに成功しています。

このたび搭載となった加振器では、炊飯ジャーのふたにあたる銘板を振動させることで、クリアな音を再生することを可能としています。また、炊き上がり時のお知らせ音などの、再生音質についてはタイガー魔法瓶と共同開発を行い、心地よく耳障りの無い音を実現しました。

AI、IoTの拡大により今後多様化が想定される家電製品のさらなる需要へ応えるため、音声を必要とする製品およびその周辺技術の開発を促進してまいります。スピーカーユニットのみならず加振器を利用した高品質な音声・音楽再生を実現できるソリューション提案を行い、家電や住宅産業など新事業分野への事業拡大を目指してまいります。

タイガー魔法瓶株式会社:1923年2月設立。魔法瓶、炊飯ジャー、電気ポット、電気調理器具、アウトドア用品、環境快適製品など生活用品の総合メーカー。本社:大阪府門真市。資本金:80百万円

【関連リンク】
◆炊飯ジャー「JPG-X100」プレスリリース 
https://www.tiger.jp/press_release/pr_170823_02.html
◆加振器による音声/再生技術に関するプレスリリース
http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20171003_PR_kawaiSpeakersystem-6.pdf
http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20170823_PR_kashinki.pdf

以上

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供:PR TIMES