医薬品情報のトップブランドを走り続けてきたIMSジャパンが、ヘルスケア業界へのデジタルマーケティングの普及に本腰を入れ始めた。医療提供者である医師や薬剤師などの専門職を対象にしたマーケティングツールには、どんなメリットがあるのだろうか。CESテクノロジーサービス・ビジネス開発ディレクターの住田真一郎さんに話を聞いた。
ページTOPへ
住田 真一郎 氏
1984年東京大学工学部卒業後、日本IBM入社、製造業のお客様担当システムズ・エンジニアとして活動し、主にIT基盤の設計/導入のリーダーとして大手自動車会社、大手銀行の大規模プロジェクトで活躍。IBMソフトウェアの技術部門の責任者やサービス部門のオフショア推進の責任者を歴任。2012年IMSジャパン入社、現在テクノロジー・サービス担当ディレクター。1962年愛媛県出身、51歳。
 
アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 広報部
URL: www.imshealth.com/japan
Mail: ims-jcoms@jp.imshealth.com