2019.5.27
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

研究開発

企業や研究機関などで進められる最先端の研究、イノベーションが生まれる現場をレポートします。
今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性 国内

今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(前篇)

国内 11月26日、「ゲノム編集」という方法で受精卵の遺伝子を人為的に変えた赤ちゃんが誕生した、というニュース… 2018.12.12
歯ごたえに口触り、進化する食べやすさの測定方法 ライフ

歯ごたえに口触り、進化する食べやすさの測定方法
教科書が通用しない「テクスチャー測定」に挑む

ライフ 味や香りはおいしさにとって重要だが、食品を食べたときの舌触りや歯ごたえ、つまり「食感」もおいしさを決… 2018.12.7
4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった 国内

4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった
4000個以上も見つかった惑星、その先の期待は生命の存在?

国内 先日、へびつかい座の方向にある「バーナード星」が惑星を持つという研究結果が発表されました。近距離にあ… 2018.12.5
PR
PR
半導体戦争、中国と米国とシリコン覇権 国際

半導体戦争、中国と米国とシリコン覇権
超大国とテクノロジー、21世紀の戦いの行方

国際 ドナルド・トランプ米大統領が楽しんでいる貿易摩擦には、古風なところがある。主力の武器は関税で、主戦場… 2018.12.4
『まんぷく』に学ぶ安藤百福とホリエモンの共通点 国内

『まんぷく』に学ぶ安藤百福とホリエモンの共通点
何度もゼロから這い上がった執念の源泉は何か?

国内 NHKの朝ドラ『まんぷく』が好調だ。ドラマは、日清食品の創業者・安藤百福氏と仁子夫人の物語をモデルに作… 2018.11.26
PR
PR
PR
今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(前篇)
[島田 祥輔] 2018.12.12
歯ごたえに口触り、進化する食べやすさの測定方法
教科書が通用しない「テクスチャー測定」に挑む
[佐藤 成美] 2018.12.7
4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった
4000個以上も見つかった惑星、その先の期待は生命の存在?
[小谷 太郎] 2018.12.5
PR
半導体戦争、中国と米国とシリコン覇権
超大国とテクノロジー、21世紀の戦いの行方
[The Economist] 2018.12.4
『まんぷく』に学ぶ安藤百福とホリエモンの共通点
何度もゼロから這い上がった執念の源泉は何か?
[鶴澤 翔子] 2018.11.26
輝きを失う中国AI業界
熱気に沸いた1年前とは様変わり、民間投資が急減
[Financial Times] 2018.11.21
PR
京都賞に見る稲盛和夫流「最高に格好いい金の使い方」
私財200億円を投じて作った「京都賞」は今や「ノーベル賞の先行指標」に
[大西 康之] 2018.11.13
成毛眞が「日本企業はデジタル時代の勝者となれる」と語る理由
元マイクロソフト社長の成毛眞が新著『amazon』で伝えたいこと(後編)
[森川 直樹] 2018.11.13
ダイキンが提示した「空気」の最新イノベーション
「空気で答えを出す会社」が初のCEATEC出展
[森川 直樹] 2018.11.12
起業するなら「誰かに褒めてもらおう」と思うな!
内側から問い直す日本のベンチャー業界の“常識”(3)
[藤田 朋宏] 2018.11.7
あなたは「わさび」の本当の風味を知っているか?
スパイス業界にイノベーションを、老舗メーカー「金印」の挑戦
[中村 祐介] 2018.11.5
国の経済成長にはイノベーションの影響が大きい
科学技術とイノベーションマネジメント(1)学術的理解
[ 10MTVオピニオン] 2018.11.4
アマゾン、世界研究開発費ランキングで2年連続1位
米企業が上位を占めるも、中国が台頭
[小久保 重信] 2018.11.1
医療の研究を阻む壁? 生命システムの「複雑さ」
AI時代の創薬研究の問題点と打開策
[町田 誠] 2018.10.26
「イグノーベル賞」の本当の意味を知っていますか?
「日本人が受賞」などと喜んでる場合じゃない
[小谷 太郎] 2018.10.24
欧州機「MASCOT」も! はやぶさ2が次々に快挙達成
牙をむく小惑星リュウグウ、はやぶさ2着陸は来年目指しリハ決行
[林 公代] 2018.10.15
酵素を改良せよ! 「指向性進化法」にノーベル賞
分子に“進化”をもたらした2018年ノーベル化学賞
[小谷 太郎] 2018.10.15
異なる組織の知識をどうすり合わせるか
オープンイノベーションに必要な「知識のマネジメント」(後編)
[清水 洋] 2018.10.12
「最優秀賞」をもらえるビジネスプランの描き方
内側から問い直す日本のベンチャー業界の“常識”(2)
[藤田 朋宏] 2018.10.10
京大が10年ごとにノーベル賞受賞者を輩出する理由
日本の知的生産力は今がピークかもしれない
[湯之上 隆] 2018.10.9
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR