2017.8.24

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

烏賀陽 弘道
1963年、京都市生まれ。1986年京都大学経済学部卒業。同年、朝日新聞社に入社。三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部を経て91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学。国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。2003年に退社しフリーランスに。主な著書に『「朝日」ともあろうものが。』『カラオケ秘史』『Jポップとは何か』『Jポップの心象風景』『報道の脳死』などがある。
こうして住民避難はどんどん後回しにされた 国内

こうして住民避難はどんどん後回しにされた
官房副長官に聞く官邸の原発危機対応(その1)

国内 これまで、福島県の原発被災地や避難民をずっと訪ねて回ってきた。「なぜ住民避難は失敗したのか」がずっと… 2012.8.28
一時帰宅者を襲う疲労感と焦燥感 国内

一時帰宅者を襲う疲労感と焦燥感
復興の第一歩も踏み出せていない福島・双葉町

国内 運転席の小島さんは、問わず語りに話し続けた。「双葉町は復興どころかその第一歩も踏み出せないんです。な… 2012.8.9
「一時帰宅」では戻らない平穏な生活 国内

「一時帰宅」では戻らない平穏な生活
この光景は原発マネーの代償なのか

国内 小島さんの家に行ったところから始めよう。家は、田畑の中、ひとかたまりの住宅地にあった。10戸ほどが宅地… 2012.7.26
PR
PR
草むしたゴーストタウンで福島第一原発を見た 国内

草むしたゴーストタウンで福島第一原発を見た
これほどの至近距離でも行われなかった避難訓練

国内 右手海側に、松で覆われた丘が続いていた。でかい高圧送電線が何本も走っている。小島さんが指さした。「あ… 2012.7.12
「壊れない」ことにされていた原発の格納容器 国内

「壊れない」ことにされていた原発の格納容器
このまま事故調査報告が出たら世界の笑いものに

国内 私は、福島第一発電所で起きた「格納容器が破損し、放射性物質が外に漏れだして住民を襲った」という事実を… 2012.6.28
PR
PR
PR
こうして住民避難はどんどん後回しにされた
官房副長官に聞く官邸の原発危機対応(その1)
[烏賀陽 弘道] 2012.8.28
一時帰宅者を襲う疲労感と焦燥感
復興の第一歩も踏み出せていない福島・双葉町
[烏賀陽 弘道] 2012.8.9
「一時帰宅」では戻らない平穏な生活
この光景は原発マネーの代償なのか
[烏賀陽 弘道] 2012.7.26
PR
草むしたゴーストタウンで福島第一原発を見た
これほどの至近距離でも行われなかった避難訓練
[烏賀陽 弘道] 2012.7.12
「壊れない」ことにされていた原発の格納容器
このまま事故調査報告が出たら世界の笑いものに
[烏賀陽 弘道] 2012.6.28
使われなかったバックアップシステム「PBS」
「SPEEDI」不作動でも避難誘導はできた
[烏賀陽 弘道] 2012.6.14
PR
福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者
無視され、死蔵された「原子力防災」の知見
[烏賀陽 弘道] 2012.5.31
別世界のことに思えた「復興」という言葉
原発災害で時が止まった街へ(後編)
[烏賀陽 弘道] 2012.5.17
1年間封印された凄まじい破壊の痕跡
原発災害で時が止まった街へ(前篇)
[烏賀陽 弘道] 2012.5.2
福島県庁にSPEEDIのデータは届いていた!
メルトダウンの恐怖の中、後回しになった住民避難
[烏賀陽 弘道] 2012.4.19
「放射性物質は煙突から管理されながら出てくるから大丈夫」と言い張った原子力保安院 [烏賀陽 弘道] 2012.4.5 まるで「演劇」だった原発立地自治体の避難訓練
双葉町民はあり合わせの手段で脱出
[烏賀陽 弘道] 2012.3.22
信じてはいけなかった「国を信じてください」の言葉
原発2つを抱える富岡町長が語る避難計画のずさんさ
[烏賀陽 弘道] 2012.3.8
原発事故の避難訓練はあったのか
機能しなかった避難計画(その1)
[烏賀陽 弘道] 2012.2.23
「放射能いじめ」に傷つく親子
福島に帰れない生活で高まる孤立感と無力感
[烏賀陽 弘道] 2012.2.9
原発避難者の「許されざる結婚」
福島への偏見や差別は本当にあるのか(その1)
[烏賀陽 弘道] 2012.1.26
「南相馬に単身残留」で引き裂かれる家族
毎週末に6時間運転し避難先まで往復
[烏賀陽 弘道] 2012.1.12
避難先で待ち受けていた高濃度放射能
原発で30年働いた元作業員の数奇な運命
[烏賀陽 弘道] 2011.12.29
小学生の6割が消えた街
放射能の雲の下で(1)
[烏賀陽 弘道] 2011.12.15
避難所で撮った家族の記念写真
ほうほうの体でたどり着いた避難所で父親に
[烏賀陽 弘道] 2011.11.30
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR