2017.10.19

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

烏賀陽 弘道
1963年、京都市生まれ。1986年京都大学経済学部卒業。同年、朝日新聞社に入社。三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部を経て91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学。国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。2003年に退社しフリーランスに。主な著書に『「朝日」ともあろうものが。』『カラオケ秘史』『Jポップとは何か』『Jポップの心象風景』『報道の脳死』などがある。
村人を拒絶するバリケード 国内

村人を拒絶するバリケード
飯舘村再訪(その2)~放射能汚染と立ち入り規制

国内 ゲートの前に「止まれ」という赤い旗を持った制服の男が立ちふさがっていた。白いヘルメットに紺色の制服。… 2013.5.30
今年も飯舘にサクラが咲いた 国内

今年も飯舘にサクラが咲いた
飯舘村再訪(その1)~自然・動物

国内 「今年もサクラが咲きますよ」。そんなおり、かつて取材でお世話になった村人から連絡が来た。東北の高原の… 2013.5.20
「炉が爆発」の恐怖に怯えていた海江田氏 国内

「炉が爆発」の恐怖に怯えていた海江田氏
元経済産業大臣、海江田氏インタビュー(後篇)

国内 「それからあと、時間的な猶予がないと。僕はメルトダウンということよりも、炉の圧力が高まって炉が爆発す… 2013.5.2
PR
PR
悲劇を生んだ空白の130分 国内

悲劇を生んだ空白の130分
元経済産業大臣、海江田万里氏の証言(前篇)

国内 東京に戻って当時の政府内部の動きについて取材してみると、地震発生当日の3月11日から12日にかけて、何を… 2013.4.18
縦割り組織に原発事故の対応はできない 国内

縦割り組織に原発事故の対応はできない
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第4回)

国内 「日本の官僚組織の1つの大きな問題は、省庁縦割りがすごく強くて、しかも各省庁内の身内意識が強すぎるん… 2013.4.4
PR
PR
PR
村人を拒絶するバリケード
飯舘村再訪(その2)~放射能汚染と立ち入り規制
[烏賀陽 弘道] 2013.5.30
今年も飯舘にサクラが咲いた
飯舘村再訪(その1)~自然・動物
[烏賀陽 弘道] 2013.5.20
「炉が爆発」の恐怖に怯えていた海江田氏
元経済産業大臣、海江田氏インタビュー(後篇)
[烏賀陽 弘道] 2013.5.2
PR
悲劇を生んだ空白の130分
元経済産業大臣、海江田万里氏の証言(前篇)
[烏賀陽 弘道] 2013.4.18
縦割り組織に原発事故の対応はできない
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第4回)
[烏賀陽 弘道] 2013.4.4
「メルトダウンが起きている」と確信していた班目氏
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第3回)
[烏賀陽 弘道] 2013.3.21
PR
誤解して抜け出せなくなった班目氏
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第2回)
[烏賀陽 弘道] 2013.3.7
班目氏が認めた事故対応の失敗
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第1回)
[烏賀陽 弘道] 2013.2.21
誰かがしなければならない歴史的「犯罪現場」の記録
スリーマイル島からフクシマへの伝言(その5)
[烏賀陽 弘道] 2013.2.7
政府も大企業もウソをつく
スリーマイル島からフクシマへの伝言(その4)
[烏賀陽 弘道] 2013.1.24
地元住民が訴える健康被害の実態
スリーマイルからフクシマへの伝言(その3)
[烏賀陽 弘道] 2013.1.10
被曝を巡る論戦と訴訟の結末
スリーマイルからフクシマへの伝言(その2)
[烏賀陽 弘道] 2012.12.27
格納容器の調査に5年、燃料棒の片づけに11年
スリーマイルからフクシマへの伝言(その1)
[烏賀陽 弘道] 2012.12.13
「仏壇」と同じだった原発事故対策システム
専門家不在の調査委員会が覆い隠していること
[烏賀陽 弘道] 2012.11.29
緊急時対応の能力がなかった政府と東電の罪
原子力防災技術者が語る福島原発事故の深層(その3)
[烏賀陽 弘道] 2012.11.1
備えも訓練も吹き飛ばした判断ミス
原子力防災技術者が語る福島原発事故の深層(その2)
[烏賀陽 弘道] 2012.10.18
巨額の予算が水泡に帰した事故対策システム
原子力防災技術者が語る福島原発事故の深層(その1)
[烏賀陽 弘道] 2012.10.4
失敗した住民避難の真相、ここまで分かったことと分からないままのこと [烏賀陽 弘道] 2012.9.20 一蓮托生の関係だった東電と保安院
官房副長官に聞く官邸の原発危機対応(その3)
[烏賀陽 弘道] 2012.9.7
「意思決定の判断材料は与えられていなかった」
官房副長官に聞く官邸の原発危機対応(その2)
[烏賀陽 弘道] 2012.9.6
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR