2017.10.19

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

烏賀陽 弘道
1963年、京都市生まれ。1986年京都大学経済学部卒業。同年、朝日新聞社に入社。三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部を経て91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学。国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。2003年に退社しフリーランスに。主な著書に『「朝日」ともあろうものが。』『カラオケ秘史』『Jポップとは何か』『Jポップの心象風景』『報道の脳死』などがある。
不気味に増加していた「リンパ・造血細胞がん」「乳がん」 国内

不気味に増加していた「リンパ・造血細胞がん」「乳がん」
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その12)

国内 20年間の調査結果は2003年に発表された。それによると、ガンマ線被曝最大値が上昇すると、リンパ細胞・造血… 2014.3.7
住民3万人の健康被害を20年追跡した疫学者 国内

住民3万人の健康被害を20年追跡した疫学者
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その11)

国内 ピッツバーグ大学調査は住民そのものを20年間追跡しているところに大きな特徴がある。また事故直後には州政… 2014.2.20
「放出量」で全てが変わる 国内

「放出量」で全てが変わる
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その10)

国内 「コロンビア大も肺がんを調べてはいるのです。しかし主要な論点にはしなかった。コロンビア大学調査の結果… 2014.2.6
PR
PR
「データに虚偽がある」と再検証した疫学者 国内

「データに虚偽がある」と再検証した疫学者
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その9)

国内 ノースカロライナ大学公衆衛生学大学院疫学部のスティーブ・ウィング教授のインビューを報告する。ウィング… 2014.1.23
「がんの原因は心的ストレス」は本当か? 国内

「がんの原因は心的ストレス」は本当か?
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その8)

国内 事故から35年が経過したスリーマイル島(TMI)原発事故では、調査も複数回行われ、その結論がほぼ出そろっ… 2014.1.9
PR
PR
PR
不気味に増加していた「リンパ・造血細胞がん」「乳がん」
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その12)
[烏賀陽 弘道] 2014.3.7
住民3万人の健康被害を20年追跡した疫学者
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その11)
[烏賀陽 弘道] 2014.2.20
「放出量」で全てが変わる
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その10)
[烏賀陽 弘道] 2014.2.6
PR
「データに虚偽がある」と再検証した疫学者
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その9)
[烏賀陽 弘道] 2014.1.23
「がんの原因は心的ストレス」は本当か?
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その8)
[烏賀陽 弘道] 2014.1.9
勝訴なし、すべて和解で終わった健康被害提訴
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その7)
[烏賀陽 弘道] 2013.12.26
PR
娘ががん死、原発会社を訴えた訴訟の結末とは
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その6)
[烏賀陽 弘道] 2013.12.12
記者はなぜ原発を追わなくなったのか
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その5)
[烏賀陽 弘道] 2013.11.28
「まったくだめ」だった電力会社の情報開示
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その4)
[烏賀陽 弘道] 2013.11.14
原発に詳しい記者なんて誰もいなかった
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その3)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.31
電力会社に「ウソ」をつかれた町長
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その2)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.17
相手にされなかった町長の心配
スリーマイルが教えるフクシマの未来(その1)
[烏賀陽 弘道] 2013.10.3
円形脱毛症になっても故郷に帰らない理由
「原発難民」再訪記(その6)
[烏賀陽 弘道] 2013.9.20
「避難者のバカヤロー」と言われて
「原発難民」再訪記(その5)
[烏賀陽 弘道] 2013.9.5
「もう私も娘ももたない」
「原発難民」再訪記(その4)
[烏賀陽 弘道] 2013.8.22
ストレスで胃に穴が開いた単身残留者
「原発難民」再訪記(その3)
[烏賀陽 弘道] 2013.8.8
濃縮ウランの街からヒロシマを訪ねた女性
街の誇りと罪悪感の葛藤に悩み、苦しむ
[烏賀陽 弘道] 2013.7.29
3歳の子供を連れて福島に帰る決意をした理由
「原発難民」再訪記(その2)
[烏賀陽 弘道] 2013.7.11
街の“回復”と進まない除染
「原発難民」再訪記(その1)
[烏賀陽 弘道] 2013.7.2
カエルのいないプールとミズバショウの里
飯舘村再訪(その3)~施設・住民
[烏賀陽 弘道] 2013.6.13
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR